ご案内

自然素材の家 住宅展示場 ひたちなか市 水戸市

201503131129_1-300x0.jpg
お客様が 『家を建てようと思ったとき!』
まずはじめに
ハウスメーカーなど住宅展示場めぐりをすると思います
展示場は、50坪から60坪程度と一般の住宅サイズとはかけ離れた展示スペース
参考にならないケースがほとんどです
そしてその展示場をつくったり毎日経営したりする広告宣伝費は
お客様の建築費に含まれていることをご存知でしょうか?

鈴木建装では、自宅を展示スペースとして
お客様に体験して頂くことによって
展示場にかかる広告宣伝費をほとんどかけていないので
自然素材であったかい家を
適正価格でお客様にご提供することが可能なのです

実際家を建てるまえには、いろんな悩みや思いがあると思います。
『本当にあったかいの?』
『本当にエアコン1台の生活なの?』
『平屋建て26坪で本当に生活できるの?小さいのでは?』
『結露などはしないの?』
『裸足で生活して寒くないの?』
『床暖房が入っているみたいに本当あったかいの?』
『収納などは、どれぐらいあればかたずくの?』
『対面キッチンって本当に使いやすいの?』
『壁に和紙を貼るって、紙なのに大丈夫なの?』
『光熱費ってどれぐらいかかるの?』
『夜もエアコンつけっぱなしって光熱費かかるのでは?』
『太陽光発電ってどれぐらい発電するの?』
『ゼロエネルギー住宅って本当にお得なの?』
『他の工務店では補助金はお金掛かるからやめたほうがいいといわれたけど本当なの?』
『健康で快適にすごせているの?』
『耐震等級3にする意味はあるの?』
『他の工務店では木造では省令準耐火はできませんっていわれたけど本当なの?』
『火災保険がお得になるって本当なの?』
『地震保険がお得になるって本当なの?』
『補助金が100万円ももらえるって本当なの?』
『セルローズファイバーってどんな断熱材なの?』
『なんでセルローズファイバー断熱材にこだわるの?』
『新聞紙の断熱材って、火災に弱いのでは?』
『グラスウールとセルローズファイバーって何が違うの?』
『断熱材なんてどれも同じなんじゃないの?』
『隙間の無い断熱ってどんな感じなの?』
『間接照明って暗くないの?』
『なんでLED照明を家全部使用しているの?』
『熱交換型の換気扇じゃかくて寒くないの?』
『換気扇の電気代毎月100円程度って本当なの?』
『換気扇の種類によっては毎月2000円から3000円電気代がかかるって本当なの?』
『第一種換気扇は給気ダクトにカビがはえる可能性があるって本当なの?』
『化粧の張りや化粧柱や板張など、どんな感じの部屋になるの?』
『洗面脱衣所にはサワラの木をはるってなんで?カビやすいのでは?』
『無垢の床材は、メンテナンスが大変なのでは?』

まだまだ沢山疑問や思いがあると思います
実際、手や目、五感で体験して、いろんな疑問や悩みを解決しながら
楽しい家づくりをさせていただいています。

ぜひ自宅の住宅体験スペースにお気軽にお越しください。
ご来場のさいは、お電話かメールなどでお問い合わせください。
よろしくお願いいたします。
鈴木建装 鈴木達也